FX会社の選び方とポイントを3分で解決します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1000通貨

FX会社の選び方とポイント
これからFXを始めようと思った場合に最初に悩まれるのは、どのFX会社で始めればいいのかというところだと思います。

FX会社は、日本だけでも数多くあり、大手のFX会社から中小のFX運用を進める会社まで様々あります。

そのなかでこれから始めるというかたにとって、BESTなFX会社の選び方とお勧めのFX会社をお勧めしてい行きたいと思います。


License: (license)

ところでFX会社って何社ある?

まずFX会社の選び方をご紹介する前に、FX取引を行えるFX会社というのは何社あるのかをご紹介します。
FX会社というのは、様々な種類があるというのはご存知でしょうか?
FX会社を大きく分けると、取引所取引(東京金融取引所)/くりっく365とOTC取引言われるものに2つに分かれます。
詳しい違いなどについては、くりっく365とOTC取引の違いについてでご紹介をしていきたいと思いますが、それぞれ所属している会社数は、

取引所取引(東京金融取引所)/くりっく365に所属しているFX会社数
・・・17社

相対(OTC)取引を行っているFX会社数
・・・銀行系 4社
・・・証券会社系 31社
・・・商品取引員  1社
・・・外為専業等 21社

と合計で63社となっています。これだけ多くのFX会社から初めて取引をするFX会社を選ぶ必要があります。
さて、本題のFX会社の選び方に戻りたいと思います。

FX会社を選ぶ方法はこの3つ

さて、それでは実際にFX会社を選ぶ方法についてご紹介していきたいと思います。
他のFX会社の選び方を書いてあるサイトなどでは、FX取引法などからお勧めしているFXサイトも多いかと思いますが、私たちは実際にFX取引をするなかで最初からそこの判断は大変難しいのではと感じています。
そして現在各会社が熾烈な争いを繰り広げているため、取引をする際の取引手数料や資金を守るための信託保全、レバレッジといったところではほとんど差別化されていません。

まずは、実際のお金を使って動かす中で自分のFX取引法というのは見つけていったと感じているからです。
そこで総合力や安定性、違いがはっきりしている2社を最初は口座開設してみることをお勧めしています。
FXBEATが選んだ最初のFX会社2社

選ぶポイント① 取引ツールの使いやすさ

ここが現在のFX会社ごとで異なる大きなポイントになるのではないかと思います。
最近ではパソコンを持たないという方も大変増えてきているため、メインの取引がスマホやタブレットという方なども多いのではと思います。
例えば、スマホアプリはタブレットでも十分使用可能になっていますが、やはり専用アプリにはかないません。

選ぶポイント② 情報提供力

FXは、情報戦ともいえます。そのため指標発表後の情報などを早く得なければ
間違った方向に投資をおこなってしまうかもしれません。
そのために情報提供力が弱いFX会社では、負けやすくなってしまうのです。

選ぶポイント① システムの安定性

最近ではへっていきましたが、FX会社の選び方を間違えてしまうと、取引がうまくできないというところがありました。
それはFXを支えるシステムが弱いために、落ちてしまっていたり、休止時間が多くなることがありました。
そうするとFXの大きなメリットである、24時間に近い取引ができなくなっては意味がありません。

FXBEATが選んだ最初のFX会社2社

私たちFXBEATでは、FXを始められる方にお勧めしているFX会社は下記の2社になります。
2社を選んだ理由としては、総合力と特徴の違いというところです。
特徴の違いは、取引通貨単位数にあります。
SBIFXは、1通貨単位のため、自分の取引を知るための慎重な取引を行うのに向いており、
DMMFXでは、1万通貨、そしてツールの充実度からFXの楽しさを感じて頂けます。
この2社を使って、FXを始めて頂ければ間違いないかと思われます。



×



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*